500円玉貯金から始まった郵便貯金

私が若い頃に500円玉が発行されました。思いのほか、学生時代には何とも感じなかったのですが、私自身が社会人になってみると、500円玉が重いのです。そこで、当時、どこにでも売っていた缶の結構大きな500円玉が入る「貯金箱」を買って、財布に500円玉が入った時には帰宅してからその500円玉の入る貯金箱にせっせと入れていました。

最初は財布が軽くなる事が目的だったのですが、段々と貯まることが楽しくなり、エスカレートして、500円玉作るように買い物をして、お釣りには「500円玉を下さい。」と言うほどでした。そんな風にしていたため、生活は少し苦しくなりつつ、とうとう貯金箱の底を缶切りで開けてしまいました。

でも、ビックリしました。2ヶ月で3万円位たまっていましたので。「生活も切り詰めると貯まるんだな」とこの時思いました。これが私の「貯金っていいかも。」と思った初めでした。

しかし、私は、切り詰めてまで生活はしたくなかったので、郵便局に働いている従妹に聞いたところ、「年金保険が良いよ。」ということでしたので、バラバラにしていた他行の貯金や引き落とし口座を全て郵便局に変え、そこで全ての事を任せるようにしました。

すると、他行の手数料は要らない、冠婚葬祭など突然の出費には、貸し付けが出来、しかも、金利もわずかです。

今も500円玉貯金はしていますが、1ヶ月に一度はそれも、郵便局の普通預金に預けます。銀行では硬貨の預け入れはATMでは出来ませんが、郵便局では出来ますので、例え、「今月は1500円だった。」と思っても、安心して預けられます。

何となく、徐々にですが、お金の大切さがわかってきた今日この頃です。