私流の節約術

私の節約術は特に大したことではないです。日頃のちょっとしたことの積み重ねで補っています。

まず、私は社会人なので、当然給料を銀行振込でもらっているわけですが、振込する時点で銀行を2つに分けています。1つは、普段から使用する生活費や雑費、自分のお小遣いのための銀行口座です。もう1つは、貯金用です。

おろすときは車の買い換えと、将来の結婚資金のときのためだけと決めています。キャッシュカードは実家の自分の部屋に保管しておき、普段使いしずらいようにしています。この方法で、毎月最低限貯金したい金額は確保できます。ちなみにこの方法は私だけでなく、会社の若い人は皆やっています!

もう1つは5円玉貯金です。お釣などで、5円玉が財布に入ったら、そのまま貯金するという至ってシンプルな方法です。始めたきっかけは、お正月の時期にお賽銭ってする5円玉を持ち合わせていなかったため、財布に入ったら保管しておこうと思ったのが始まりです。

たった5円?!と思われがちですが、意外と貯まります。かといって、極端に多く貯まるわけではないので、あまり無理をすることなく、長く続けられるのが魅力だと思います。多くたまったら銀行でまとめて両替してもらうのがとても楽しみです。

すぐ始められる節約術

私が実際に実践した節約術を紹介します。

最近引越しをしまして、実家を出て一人暮らしを始めました。引越し後1ヶ月ほど経ったある日、支出が収入を超えた状態、つまり赤字であることに気付き、そんなに浪費した覚えもないのにと思いながら、使ったお金を書き出してみました。幸い、使ったお金を一応記録しておいたのが役立ちました。

まとめてみてびっくりしましたが、食費が6万円を超えていました。これは食費を見直す必要があると思い、友人知人にアドバイスをもらいました。

まずは食事。以前はほぼ外食でしたので、食事1回で平均800円、1日2回行っていたので、1ヶ月で約5万円ほどの支出でした。節約のためには自炊するしかないとの意見があったので、自炊を始めました。

スーパーに食材を買いに行くのですが、その前に買うものを決めます。しかも1週間の献立を決めて、その1週間分をまとめ買いします。月曜日はカレー、火曜日は焼きそばという感じで決め、その料理に入れる食材とだいたいの量を書き出し、必要な分だけ買いに行きます。これで余計な物は買わずに済みます。

もし食材を使い切れず余ってしまったら、野菜炒めやチャーハンなどを作ることもできるので、腐らす心配はほとんど無いです。

自炊をすることで、食費は1週間で約2500円、1ヶ月で約1万円と大幅ダウンできました。

節約したい方は試してみてください。

フリーターの友達の節約術

私の友達のフリーターが言っていた、最強の節約方法で節約すれば食費がほぼ0になります。これは誇張とかではなく本当です。
しかし、肉体的な耐久力に自信がある人しかできないかもしれません。その最強の方法というのが、賄いが無料で出る飲食店にアルバイトとして勤めることです。
無料というのはあまり多くないのですが、1回2、300円の賄いが出る店に努めると食費がほぼ0になるとのことです。

体力に自信があるようであれば、一日中そこで働いていれば一日の食費を全て賄いによって0にすることができます。
もちろん無料で賄いがでない場合はその限りではありませんが、その日働いた分から差し引かれるのでその時点での支払いは0と言っていいでしょう。
この方法で節約をすれば、多くの人が一人暮らしで一番節約したい費用がかなり節約できることでしょう。

問題点を挙げるとすれば、食費を節約しようとすればするほど労働時間が増えて言ってしまうということですね。特に一日中食事を賄いで済ませようとすると一日中そこに拘束されるわけですからね。
貪欲になりすぎず、ある程度の基準を持ってこの節約方法を使うようにするのがいいでしょう。
過労で倒れて病院に運ばれたりしたらそれこそ本末転倒ですからね。

食いしん坊のための節約術

私の夫は本当に食いしん坊で、よく食べます。仕事が現場仕事なのもあり、お腹をすかして帰ってくるのですが、食費がバカになりません。

ご飯とメインのおかず、サブのおかず、汁物を用意するのですが、食べ終わった後に必ず麺類が食べたいと言い始めます。最初は普通に出していたのですが、このままでは食費が回らないと思い、色々と策を講じました。

まず、少ないおかずでお腹いっぱいにする工夫ですが、よく噛む野菜を料理に取り入れることです。根菜類は、そんなに高くないですし、肉料理の付け合わせにしています。次に、スープを飲ませることです。味噌汁はそんなに多く飲めないのでお腹が膨れませんが、スープだと、結構膨れます。普段捨てる野菜のくずをなんでも、よく洗ってから煮込んで出汁をとると、味付けは塩だけでも決まります。玉ねぎの皮なども使えます。

次に買い物の段階ですが、見切り品コーナーからその日の料理を決めます。とはいえ、鶏肉などの見切り品は足が早いです。せっかく買っても余って捨てては意味がないですよね。これは冷凍しても良いですが、調味料で味付けしておくと持ちが良くなるし、時短なのでおすすめです。最後に油代の節約なのですが、スーパーの肉売り場の牛脂がかなり重宝します。これを焼き料理に使うと、油代はタダですみます。

いかがでしたか?旦那さんやお子さんの食費がかさむ方は、ぜひ参考にしてみてください。