大きい買い物をしてから節約をするようになりました。

社会人になって、働き始めてすぐは貯金もないし、大きいものを買う勇気もないので貯めては土日にちょこちょこ買い物をしたり、一人暮らしで、車がないので重たいものはネットで買うというような生活を暫くしていました。

5年働いて、それなりにお金が貯まると、趣味で続けていた楽器のフルートが欲しくなり、貯金をはたいて、今までで1番大きな買い物をしました。
それ以降節約生活が始まり、今までの生活を少し気をつけるだけで、こんなに節約できるのかと驚きました。

例えば私は家計簿をつけていなかったこともあり、目的もなく土日にふらふらと買い物をしているだけで結構お金を使っていたんだなぁと今更ながら実感しました。
大きい買い物をするまで、何も考えずにただその時に欲しいものを買っていた私。大きい買い物だったけれど、それをきっかけに無駄な買い物がなくなったので、本当に欲しいものをドカンと買ったのは良かったかなと思います。

それ以降、職場にはお弁当を持っていくようになったし、外食も減りました。それまでは楽だったので浴室乾燥機を使っていたけれど、それをやめるだけで、電気代も大分変わりました。
後はネットは確かに便利だけれど、一定の値段以上にならないと送料が無料にならないので、ついついおまけで色々と買ってしまうので、よっぽど重たいものとかでない限りネットで買うことをやめました。

私が会社を余儀なく退職したことに伴いそれ以後の節約生活について

私は、某政令市に居住している45歳の男性です。
以前、IT関連のプログラマーとして働いていて仕事がハードで繁忙期は毎日深夜に及びます。
40歳ぐらいの時に心身ともに疲れ果てて、仕事の性質上かつ年齢的にこれ以上働くのは無理と思い退職を余儀なくされました。

その後2年間休養し、それからハローワークにて正社員で比較的楽なIT関連の仕事を希望しましたが、結局、見つからず契約社員でIT関連の仕事に就きました。
以前の仕事を止めたときからいろいろと節約しました。節約したことは次のとおりです。
まず、第一義的に挙げられるのは家賃の見直しです。今までの居所は地下鉄から徒歩で5分の2LDKでしたが、私は独身なので、同一の居住地域で1LDKに変更しました。この節約額は、とても大きいです。

次に、車を所有していましたが、新居は、交通の便や大型ショッピングセンターが地下鉄に隣接して生活上の利便性も高いので、売却しました。
衣類のほうは、主にデパートや専門店で買っていましたが、それを改めて、今や世界を席巻するほど衣料店になった某衣料店で購入したり、全国的に低廉な価格で展開している衣料チェーン店で買ったりします。
そして、バーゲンの期間をめがけて購入するよう心に強く刻んでいます。
食品のほうは、主に地下鉄に隣接するショッピングセンターで惣菜などを買いますが、午後6時ごろから惣菜が一斉に2割引から3割引の範囲で値下げされるので、その時間帯を狙って購入しようと常日頃心かけています。

少しの無駄を省き節約をする方法

みなさん★節約や貯蓄はしていますか?私は大の苦手人間ですがそれでは、お金が貯まらず、給料前には毎月イライラです。そこで、無理の無い節約方法を考えました。
数ヶ月前までは、着たい洋服を着て、美味しい食べ物を食べ、飲みたい物を飲みの生活をしていたのですが、それでは、まずいと思い初めて、考え方を変えました。
やめることが出来るのが一番ですが、一気に止めてしまうのは、ストレスですので、料金の見直しをする所からスタートです。

まずは、洋服は衝動買いをしていたのですが、インターネットや雑誌などの情報誌を参考にし値段を予め調べて、から買うと決めることで、何も考えずに買っていた時に比べて、値段もしっかりとハーク出来ますし、値段にも無駄が無くなりました。
お茶や飲料を凍らせて持ち歩き、水分補給にしています。これで、外へでてもコンビ二でいつも飲み物を買っていましたが、その分のお金も減りました。
このように、少しずつ努力して行くことで、無駄に掛けていたお金が減りその分で貯蓄をすることが出来るようになりました。
ちょつとした節約で値段を見て考え直すことで月に何千円とお金が浮いて着て、何千円でも1ヶ月貯蓄を始めることで、貯蓄もコツコツとたまります。

日々の生活の見直しで節約上手になりますよ

使わないコンセントは抜きましょう。テレビ、パソコン、エアコン、ポットとか生活していると気にしづらいですが待機電力は案外かかっています。その中で冷蔵庫は別ですし意外に節約できます。扉の開け閉めは素早くテンポよくです。最近の冷蔵庫には閉め忘れを防ぐために何秒か経過するとブザーが鳴ったりするものがあるので節約にも活用できます。あとは冷蔵室も冷凍室も設定温度を「弱」にすると効果あります。

あと買い物と自炊は節約できます。よくスーパーで特売として安く売られていますが安いからといって手を出してしまうのは落とし穴です。毎日買い物をせずに1週間まとめて買えば余分なものを買わずに済みますし献立も考えられます。料理して残ったものは冷蔵庫にいれておけば保存できますし仕事をしている人でも昼の弁当のおかずにすることもできます。

クレジットカードはどんどん活用すべきです。キャッシュバック機能があるので固定費や買い物にも使えるのでとても便利で賢いです。今後クレジットカードを申し込むのであれば年会費無料のカードがお薦めです。クレジットカードを使うのに抵抗がある人は500円玉貯金がいいです。現金で買い物した後のおつりでいいので結構貯めれますし、今や低金利の時代なのでほとんど金利がつきませんのでネット銀行に預けると少なからず良いかと思います。

毎月支払っているものは本当に必要なものですか

皆さん、毎月支払うものって何がありますか。食費、電気代、ガス代、水道代、人によっては携帯、保険、インターネット、などが挙げられます。

食費、ガス代、水道代はいろいろ気を遣われるので節約しやすいところではありますが、意外と携帯、保険、インターネットなど分かりにくいことが多くて手を出さない方ってたくさんいらっしゃるのが現状です。しかしサービスを見直してみると切り替えたほうがいいプランや外したほうがいいサービスってたくさんあります。実際に外したり、プランを切り替えたら毎月支払う

額が100円から中には1000円以上値段が下がったという事例もよく聞きます。もし手元に契約書がある方はプランをしっかり確認してみてください。分からなければ担当者に直接聞いたほうがいいと思います。

ただしいくつか注意点もあります。携帯やインターネットをもう使わなくて解約を検討されている方がいらっしゃるとします。いざ解約してみたら違約金が発生して2~3万取られたという報告も聞かれます。実際に払ってしまえばすぐすむ話なんですが、2~3万はかなり大きい額ですのでよく検討したうえで解約されたほうがいいと思います。

保険でもプランを外すということは何かあったときにその対象のサービスが受けられないということもありますので何でもかんでも外せばいいというわけではありませんので、周りの方と一回相談したうえで、節約してください。

身近な機関でお得に両替をしよう!

 私は仕事を行う傍ら、主夫もやっています。ある日とある本で、「節約するなら費用ごとにお金を袋に分けておくとお金がたまりやすい」とあったので、実践しています。しかし、これを几帳面に実践するあまり、「小銭が必要」という場面が増えました。そこで私が行っている節約をご紹介します。

 私が行っている節約して小銭の両替を行う方法、それは私達に身近な機関「郵便局」を利用する事です。

 両替と言えばまず銀行を思い浮かべますが、今の銀行は両替にも手数料がかかります。銀行によっては引き出すときに金種を指定するだけで手数料を取られたり、両替カードを作らされたりするところもあります。

 そこで、私は小銭の両替はいつも郵便局を利用しています。方法は簡単、窓口に行って「両替してください」というのみです。会社やお店などが必要なほど大量に両替を要求しなければ大概すぐに対応してくれます、無料で(郵便局に両替手数料の制度がそもそもない)。

 しかし、郵便局の中には「両替は行っていません」というところもあると思います。しかし、そんなときは「昔新聞記事で、郵便局は両替を行うと読んだ。」と伝えましょう(昔地方新聞に実際に載ったそうです)。これは事実なので、大概折れてくれると思います、それでもだめなら一回通帳に貯金して支払い時に両替を請求するとほぼ断ってきません。

節約を始めるのはまずは水からです!

あまり節約に対して無頓着だったのですが、家計を見直していてやっぱり何か節約しようと考えました。

そこでまずは水道代の節約をしようと思いました。

朝起きて水道の蛇口を開いたまま、歯磨きをしていたのでやめることにしました。

洗濯は洗いはお風呂の水を利用するようにして洗剤を1回すすぎOKのものに変えてすることにしました。

食器洗いも皿の汚れは先にある程度とってから洗い桶に入れ、この時も水道の出しっぱなしはやめるようにしました。

花の水やりはお米のとぎ汁を利用して、トイレの水もあまりたくさん水がでないよう元栓で調整しました。

お風呂は頭を洗って、身体を洗いまとめてシャワーで流すようにしたりちょっとした心構えで水道の無駄をやめることにしました。

そしたら微々たるものですが少し水道代が安くなりました。

そして今度はガス代で料理をするのに煮込み料理は圧力鍋を使うようにしました。少し火を使うだけであとは余熱で美味しく料理できます。

お風呂は家族が揃っているときに入るようにして追い炊きの時間を短くしたり、ガスストーブは本当にガス代が高くなるので、その代わりすごく暖かいのですが、こたつを利用したり、あとは服を着込むようにしています。

今度は電気代を頑張ろうと思っている今日このごろです。

前向きに楽しんで無理しない節約

こんな少しぐらいの事、やっても意味がないかなと思ったこともありました。でも今は、少しずつだから楽しく続けられるのだと思っています。

子供が産まれる前は、エアコンを我慢したり、夕方暗くなってきてもできる限り電気を付けなかったりしていましたが、子供が産まれてからはできなくなりました。

エアコンは、子供が居る部屋は付けるようにして、頻繁に付けたり消したりする方が電気代がかかるので、2時間ぐらいであれば外出してる時も付けっぱなしにしておきます。

夕方の電気は、子供たちのいるリビングを付けていれば夕飯準備をしてるキッチンも困らない程度の明るさになるので、キッチンの電気はなるべく付けずに料理をしています。

料理をする時は、まず材料を全て切ります。(切りながら調理できる場合はします)

ガスを使う時は、途中で止めなくていいように点けたままお鍋を次々代えて調理します。ガス火を点ける時にガス代がかかるからです。

食材や日用品の買い物は、週に1回まとめ買いです。余計な物を買わないようにメモして行きます。お買い得な日に行ってた時もあったのですが、買うつもりでなかった物まで買ってしまい、それが週に何回かあると結果節約できていなかったという事がありました。今は、冷蔵庫の中を見ながら献立を考えて、買い物に行く前日に空っぽになった冷蔵庫を見て、今週もやり切った??って嬉しくなります。

どうしても子供がいると、水出しっぱなし、電気点けっぱなしでガミガミ言ってしまうこともありますが、あまりイライラせず無理せず、自分にできる節約を頑張りたいと思っています。

やはり家計簿はつけるべきです

数年前より友人より「カードを活用しポイントをためると良い」と聞き活用するようになりました。が、何より怖いのは残高不足。「引き落としできませんでした」との連絡だけはもらいたくないと家計簿をつけるようになりました。つけ始めはPCに搭載されていたソフトを使用していたのですが現在は自分のライフスタイルに合わせた項目でエクセルで管理しています。

家計簿ソフトはどうしても毎月の入金日が合わなかったり、残高はそのまま貯金していた私には残高繰り越しになるなどのシステムが合わず、途中で断念してしまいまいたが、自分のライフスタイルに合わせた項目わけや、月頭の設定も自由にできるため重宝しています。そして毎月の残高と、食費だけは毎回つけるたび携帯電話のメモに記載し、常に「今月はあとどのくらい使えるのか」を意識して生活を送っています。

また、各項目ごとの予算を立てておくことで使いすぎも防止できています。中でもあらかじめ毎月ごとの貯金額を定め「天引き」している点がポイントです。どうしても医療費や子供の学校からの徴収など予想外の支出がある時はこうして「家計費から天引き」した貯金で賄うこともできます。

そして、カードの活用によるポイントもしっかりためて年末のお楽しみにおいしいお肉など購入しています。基本中の基本ですが家計簿をつけることは面倒ではありますが節約の第一歩になると断言いたします。

毎日コツコツと節約していることが貯金に

20年前に建売住宅を住宅ローンを組んで購入し、毎年少しずつ返却しています。まだかなり残っていますが生活費を圧迫することもないので焦って返そうとは考えていません。

水道代が毎月多かったのですが洗濯機を多く稼働していることが原因とわかり、10年前に購入していた洗濯機を買い替えました。すると毎月三千円近く節約できることがわかり、2年ほどで元が取れそうです。

電気代も冷蔵庫がかかっていることがわかり、同じく10年経過していたので最近買い替えました。電気代も二千円ほど安くなっているみたいです。

金融資産は特に運用していませんが、給料の口座である程度の残金が貯まった時にすぐに定期預金に替えています。利率はほとんどないので期待していませんが、通帳が増えるとなぜか安心感がでてきます。

買い物はほとんど近所にある総合スーパーでカードを使用しているのでポイントがたまると利用できるのでお得な気がしています。ドラッグストアも会員になっているのでポイントが多くなる日に買い物にいくことのしています。

家族で携帯を持っていますが、家族同志の通信が無料のコースに契約しているのでよく利用しています。家にいるときはWiFiに切り替えているので外との通信料金がかからないので重宝しています。