私が会社を余儀なく退職したことに伴いそれ以後の節約生活について

私は、某政令市に居住している45歳の男性です。
以前、IT関連のプログラマーとして働いていて仕事がハードで繁忙期は毎日深夜に及びます。
40歳ぐらいの時に心身ともに疲れ果てて、仕事の性質上かつ年齢的にこれ以上働くのは無理と思い退職を余儀なくされました。

その後2年間休養し、それからハローワークにて正社員で比較的楽なIT関連の仕事を希望しましたが、結局、見つからず契約社員でIT関連の仕事に就きました。
以前の仕事を止めたときからいろいろと節約しました。節約したことは次のとおりです。
まず、第一義的に挙げられるのは家賃の見直しです。今までの居所は地下鉄から徒歩で5分の2LDKでしたが、私は独身なので、同一の居住地域で1LDKに変更しました。この節約額は、とても大きいです。

次に、車を所有していましたが、新居は、交通の便や大型ショッピングセンターが地下鉄に隣接して生活上の利便性も高いので、売却しました。
衣類のほうは、主にデパートや専門店で買っていましたが、それを改めて、今や世界を席巻するほど衣料店になった某衣料店で購入したり、全国的に低廉な価格で展開している衣料チェーン店で買ったりします。
そして、バーゲンの期間をめがけて購入するよう心に強く刻んでいます。
食品のほうは、主に地下鉄に隣接するショッピングセンターで惣菜などを買いますが、午後6時ごろから惣菜が一斉に2割引から3割引の範囲で値下げされるので、その時間帯を狙って購入しようと常日頃心かけています。