毎月支払っているものは本当に必要なものですか

皆さん、毎月支払うものって何がありますか。食費、電気代、ガス代、水道代、人によっては携帯、保険、インターネット、などが挙げられます。

食費、ガス代、水道代はいろいろ気を遣われるので節約しやすいところではありますが、意外と携帯、保険、インターネットなど分かりにくいことが多くて手を出さない方ってたくさんいらっしゃるのが現状です。しかしサービスを見直してみると切り替えたほうがいいプランや外したほうがいいサービスってたくさんあります。実際に外したり、プランを切り替えたら毎月支払う

額が100円から中には1000円以上値段が下がったという事例もよく聞きます。もし手元に契約書がある方はプランをしっかり確認してみてください。分からなければ担当者に直接聞いたほうがいいと思います。

ただしいくつか注意点もあります。携帯やインターネットをもう使わなくて解約を検討されている方がいらっしゃるとします。いざ解約してみたら違約金が発生して2~3万取られたという報告も聞かれます。実際に払ってしまえばすぐすむ話なんですが、2~3万はかなり大きい額ですのでよく検討したうえで解約されたほうがいいと思います。

保険でもプランを外すということは何かあったときにその対象のサービスが受けられないということもありますので何でもかんでも外せばいいというわけではありませんので、周りの方と一回相談したうえで、節約してください。

手作り?なんちゃって弁当プラン

ボク、節約するにあたりどうしても削り取りたくない所があります。それは、食費だ。
積み重ねるうちに哀しい気分になってしまい、その後食費を押さえつけることはやめてしまいました。しかしある時手配次第で全く抑えられることに気がつきました。
それは「なんちゃって自作弁当」を持参することです。

出勤に出向く予行、炊飯ケースの中に食事があることだけ確認します。そして出勤が終わった残り伺うのは優秀のお副食曲り目だ。
20際頃には半額ステッカーが貼ってあります。好きなものをしかたに取りましょう。オススメは冷めてもうまい「からあげ」や「コロッケ」だ。
この時のコツは「1食分にしては多いかな」と言うぐらい買うことだ。
帰ってきて惣菜をあけたら少しだけ分類に惣菜カップに移します。そしてのちは美味くください。
分類にした惣菜を混ぜるのは翌日の弁当ではなく冷凍庫だ。そうやって少しずつお副食で作った冷凍食品をストックしていきます。

自炊をした時も同様です。さっとカップへ分けておいて冷凍していきます。焼き魚、卵焼きは一度に満載焼いて冷凍してしまいましょう。
そうしているうちに食事さえあればオリジナル冷凍惣菜をバッフェで選び、弁当容器につめて持ってく「なんちゃってオリジナル弁当」の終結だ!

こういう冷凍惣菜、自炊したときにも使えます。
カレーを作った際「あ、この間冷凍した唐揚げがあったな」と思い返すと、チンしてのせるだけで唐揚げの乗ったカレーが出来ます。
ちょとした度合いがほしい時も最適です。

結婚した現下、ダディに作りあげる弁当もこの方法を実践しています。
夜のうちに詰めてしまえばダディの弁当のために起きる時間を気にしなくてすみますよ。なので台所に立つのはディナーを組み立てるときの1回のみ。
多めに作ってうまくリメイクしていけば飽きも欠ける減少方法になります。善悪お努めください!