すぐ始められる節約術

私が実際に実践した節約術を紹介します。

最近引越しをしまして、実家を出て一人暮らしを始めました。引越し後1ヶ月ほど経ったある日、支出が収入を超えた状態、つまり赤字であることに気付き、そんなに浪費した覚えもないのにと思いながら、使ったお金を書き出してみました。幸い、使ったお金を一応記録しておいたのが役立ちました。

まとめてみてびっくりしましたが、食費が6万円を超えていました。これは食費を見直す必要があると思い、友人知人にアドバイスをもらいました。

まずは食事。以前はほぼ外食でしたので、食事1回で平均800円、1日2回行っていたので、1ヶ月で約5万円ほどの支出でした。節約のためには自炊するしかないとの意見があったので、自炊を始めました。

スーパーに食材を買いに行くのですが、その前に買うものを決めます。しかも1週間の献立を決めて、その1週間分をまとめ買いします。月曜日はカレー、火曜日は焼きそばという感じで決め、その料理に入れる食材とだいたいの量を書き出し、必要な分だけ買いに行きます。これで余計な物は買わずに済みます。

もし食材を使い切れず余ってしまったら、野菜炒めやチャーハンなどを作ることもできるので、腐らす心配はほとんど無いです。

自炊をすることで、食費は1週間で約2500円、1ヶ月で約1万円と大幅ダウンできました。

節約したい方は試してみてください。

フリーターの友達の節約術

私の友達のフリーターが言っていた、最強の節約方法で節約すれば食費がほぼ0になります。これは誇張とかではなく本当です。
しかし、肉体的な耐久力に自信がある人しかできないかもしれません。その最強の方法というのが、賄いが無料で出る飲食店にアルバイトとして勤めることです。
無料というのはあまり多くないのですが、1回2、300円の賄いが出る店に努めると食費がほぼ0になるとのことです。

体力に自信があるようであれば、一日中そこで働いていれば一日の食費を全て賄いによって0にすることができます。
もちろん無料で賄いがでない場合はその限りではありませんが、その日働いた分から差し引かれるのでその時点での支払いは0と言っていいでしょう。
この方法で節約をすれば、多くの人が一人暮らしで一番節約したい費用がかなり節約できることでしょう。

問題点を挙げるとすれば、食費を節約しようとすればするほど労働時間が増えて言ってしまうということですね。特に一日中食事を賄いで済ませようとすると一日中そこに拘束されるわけですからね。
貪欲になりすぎず、ある程度の基準を持ってこの節約方法を使うようにするのがいいでしょう。
過労で倒れて病院に運ばれたりしたらそれこそ本末転倒ですからね。

お得、無料、節約はセットです

お得や無料というのは、誰もが好きなものだと思います。私もご多分に漏れずこの二つが大好きです。そして節約も大好きなので、無料、お得を利用して節約をしています。まず無料の代表といえば街中で配られているポケットティッシュです。

私の利用している駅では毎日のように2,3個配っていますので、自宅で使うティッシュはこれで十分です。なので、箱ティッシュは殆ど購入した事はありません。他にも窓口などにおいてあるものや、ダイレクトメールに付いてくるポケットティッシュも有効利用しています。

次はお得ですが、お得の代表はクーポンやポイントだと思います。クーポンサイトなどのチェックは毎日していますし、友人と食事や飲み会をする時も、事前にクーポンを使確認しておきます。また、よく利用するお店などはメルマガなどを登録しておくと、お得な情報やクーポンをゲットできる事があるので、これも私の欠かせない節約方法です。

そして普段利用しているスーパーやドラッグストアのポイントカードも節約には欠かせません。100円で1ポイントというお店が多いと思いますが、ポイント倍増デーだったり、5%割引だったりとお得な日が月に何回かあるお店が殆どです。それを上手く利用すれば節約になります。

節約は大好きではありますが、毎日何かを切り詰めながらのギリギリの生活はストレスにもなるので、日常の中で楽しくお得と無料と付き合いながら節約しています。

大きい買い物をしてから節約をするようになりました。

社会人になって、働き始めてすぐは貯金もないし、大きいものを買う勇気もないので貯めては土日にちょこちょこ買い物をしたり、一人暮らしで、車がないので重たいものはネットで買うというような生活を暫くしていました。

5年働いて、それなりにお金が貯まると、趣味で続けていた楽器のフルートが欲しくなり、貯金をはたいて、今までで1番大きな買い物をしました。
それ以降節約生活が始まり、今までの生活を少し気をつけるだけで、こんなに節約できるのかと驚きました。

例えば私は家計簿をつけていなかったこともあり、目的もなく土日にふらふらと買い物をしているだけで結構お金を使っていたんだなぁと今更ながら実感しました。
大きい買い物をするまで、何も考えずにただその時に欲しいものを買っていた私。大きい買い物だったけれど、それをきっかけに無駄な買い物がなくなったので、本当に欲しいものをドカンと買ったのは良かったかなと思います。

それ以降、職場にはお弁当を持っていくようになったし、外食も減りました。それまでは楽だったので浴室乾燥機を使っていたけれど、それをやめるだけで、電気代も大分変わりました。
後はネットは確かに便利だけれど、一定の値段以上にならないと送料が無料にならないので、ついついおまけで色々と買ってしまうので、よっぽど重たいものとかでない限りネットで買うことをやめました。

私が会社を余儀なく退職したことに伴いそれ以後の節約生活について

私は、某政令市に居住している45歳の男性です。
以前、IT関連のプログラマーとして働いていて仕事がハードで繁忙期は毎日深夜に及びます。
40歳ぐらいの時に心身ともに疲れ果てて、仕事の性質上かつ年齢的にこれ以上働くのは無理と思い退職を余儀なくされました。

その後2年間休養し、それからハローワークにて正社員で比較的楽なIT関連の仕事を希望しましたが、結局、見つからず契約社員でIT関連の仕事に就きました。
以前の仕事を止めたときからいろいろと節約しました。節約したことは次のとおりです。
まず、第一義的に挙げられるのは家賃の見直しです。今までの居所は地下鉄から徒歩で5分の2LDKでしたが、私は独身なので、同一の居住地域で1LDKに変更しました。この節約額は、とても大きいです。

次に、車を所有していましたが、新居は、交通の便や大型ショッピングセンターが地下鉄に隣接して生活上の利便性も高いので、売却しました。
衣類のほうは、主にデパートや専門店で買っていましたが、それを改めて、今や世界を席巻するほど衣料店になった某衣料店で購入したり、全国的に低廉な価格で展開している衣料チェーン店で買ったりします。
そして、バーゲンの期間をめがけて購入するよう心に強く刻んでいます。
食品のほうは、主に地下鉄に隣接するショッピングセンターで惣菜などを買いますが、午後6時ごろから惣菜が一斉に2割引から3割引の範囲で値下げされるので、その時間帯を狙って購入しようと常日頃心かけています。

少しの無駄を省き節約をする方法

みなさん★節約や貯蓄はしていますか?私は大の苦手人間ですがそれでは、お金が貯まらず、給料前には毎月イライラです。そこで、無理の無い節約方法を考えました。
数ヶ月前までは、着たい洋服を着て、美味しい食べ物を食べ、飲みたい物を飲みの生活をしていたのですが、それでは、まずいと思い初めて、考え方を変えました。
やめることが出来るのが一番ですが、一気に止めてしまうのは、ストレスですので、料金の見直しをする所からスタートです。

まずは、洋服は衝動買いをしていたのですが、インターネットや雑誌などの情報誌を参考にし値段を予め調べて、から買うと決めることで、何も考えずに買っていた時に比べて、値段もしっかりとハーク出来ますし、値段にも無駄が無くなりました。
お茶や飲料を凍らせて持ち歩き、水分補給にしています。これで、外へでてもコンビ二でいつも飲み物を買っていましたが、その分のお金も減りました。
このように、少しずつ努力して行くことで、無駄に掛けていたお金が減りその分で貯蓄をすることが出来るようになりました。
ちょつとした節約で値段を見て考え直すことで月に何千円とお金が浮いて着て、何千円でも1ヶ月貯蓄を始めることで、貯蓄もコツコツとたまります。

500円玉貯金から始まった郵便貯金

私が若い頃に500円玉が発行されました。思いのほか、学生時代には何とも感じなかったのですが、私自身が社会人になってみると、500円玉が重いのです。そこで、当時、どこにでも売っていた缶の結構大きな500円玉が入る「貯金箱」を買って、財布に500円玉が入った時には帰宅してからその500円玉の入る貯金箱にせっせと入れていました。

最初は財布が軽くなる事が目的だったのですが、段々と貯まることが楽しくなり、エスカレートして、500円玉作るように買い物をして、お釣りには「500円玉を下さい。」と言うほどでした。そんな風にしていたため、生活は少し苦しくなりつつ、とうとう貯金箱の底を缶切りで開けてしまいました。

でも、ビックリしました。2ヶ月で3万円位たまっていましたので。「生活も切り詰めると貯まるんだな」とこの時思いました。これが私の「貯金っていいかも。」と思った初めでした。

しかし、私は、切り詰めてまで生活はしたくなかったので、郵便局に働いている従妹に聞いたところ、「年金保険が良いよ。」ということでしたので、バラバラにしていた他行の貯金や引き落とし口座を全て郵便局に変え、そこで全ての事を任せるようにしました。

すると、他行の手数料は要らない、冠婚葬祭など突然の出費には、貸し付けが出来、しかも、金利もわずかです。

今も500円玉貯金はしていますが、1ヶ月に一度はそれも、郵便局の普通預金に預けます。銀行では硬貨の預け入れはATMでは出来ませんが、郵便局では出来ますので、例え、「今月は1500円だった。」と思っても、安心して預けられます。

何となく、徐々にですが、お金の大切さがわかってきた今日この頃です。

日々の生活の見直しで節約上手になりますよ

使わないコンセントは抜きましょう。テレビ、パソコン、エアコン、ポットとか生活していると気にしづらいですが待機電力は案外かかっています。その中で冷蔵庫は別ですし意外に節約できます。扉の開け閉めは素早くテンポよくです。最近の冷蔵庫には閉め忘れを防ぐために何秒か経過するとブザーが鳴ったりするものがあるので節約にも活用できます。あとは冷蔵室も冷凍室も設定温度を「弱」にすると効果あります。

あと買い物と自炊は節約できます。よくスーパーで特売として安く売られていますが安いからといって手を出してしまうのは落とし穴です。毎日買い物をせずに1週間まとめて買えば余分なものを買わずに済みますし献立も考えられます。料理して残ったものは冷蔵庫にいれておけば保存できますし仕事をしている人でも昼の弁当のおかずにすることもできます。

クレジットカードはどんどん活用すべきです。キャッシュバック機能があるので固定費や買い物にも使えるのでとても便利で賢いです。今後クレジットカードを申し込むのであれば年会費無料のカードがお薦めです。クレジットカードを使うのに抵抗がある人は500円玉貯金がいいです。現金で買い物した後のおつりでいいので結構貯めれますし、今や低金利の時代なのでほとんど金利がつきませんのでネット銀行に預けると少なからず良いかと思います。

毎月支払っているものは本当に必要なものですか

皆さん、毎月支払うものって何がありますか。食費、電気代、ガス代、水道代、人によっては携帯、保険、インターネット、などが挙げられます。

食費、ガス代、水道代はいろいろ気を遣われるので節約しやすいところではありますが、意外と携帯、保険、インターネットなど分かりにくいことが多くて手を出さない方ってたくさんいらっしゃるのが現状です。しかしサービスを見直してみると切り替えたほうがいいプランや外したほうがいいサービスってたくさんあります。実際に外したり、プランを切り替えたら毎月支払う

額が100円から中には1000円以上値段が下がったという事例もよく聞きます。もし手元に契約書がある方はプランをしっかり確認してみてください。分からなければ担当者に直接聞いたほうがいいと思います。

ただしいくつか注意点もあります。携帯やインターネットをもう使わなくて解約を検討されている方がいらっしゃるとします。いざ解約してみたら違約金が発生して2~3万取られたという報告も聞かれます。実際に払ってしまえばすぐすむ話なんですが、2~3万はかなり大きい額ですのでよく検討したうえで解約されたほうがいいと思います。

保険でもプランを外すということは何かあったときにその対象のサービスが受けられないということもありますので何でもかんでも外せばいいというわけではありませんので、周りの方と一回相談したうえで、節約してください。

手作り?なんちゃって弁当プラン

ボク、節約するにあたりどうしても削り取りたくない所があります。それは、食費だ。
積み重ねるうちに哀しい気分になってしまい、その後食費を押さえつけることはやめてしまいました。しかしある時手配次第で全く抑えられることに気がつきました。
それは「なんちゃって自作弁当」を持参することです。

出勤に出向く予行、炊飯ケースの中に食事があることだけ確認します。そして出勤が終わった残り伺うのは優秀のお副食曲り目だ。
20際頃には半額ステッカーが貼ってあります。好きなものをしかたに取りましょう。オススメは冷めてもうまい「からあげ」や「コロッケ」だ。
この時のコツは「1食分にしては多いかな」と言うぐらい買うことだ。
帰ってきて惣菜をあけたら少しだけ分類に惣菜カップに移します。そしてのちは美味くください。
分類にした惣菜を混ぜるのは翌日の弁当ではなく冷凍庫だ。そうやって少しずつお副食で作った冷凍食品をストックしていきます。

自炊をした時も同様です。さっとカップへ分けておいて冷凍していきます。焼き魚、卵焼きは一度に満載焼いて冷凍してしまいましょう。
そうしているうちに食事さえあればオリジナル冷凍惣菜をバッフェで選び、弁当容器につめて持ってく「なんちゃってオリジナル弁当」の終結だ!

こういう冷凍惣菜、自炊したときにも使えます。
カレーを作った際「あ、この間冷凍した唐揚げがあったな」と思い返すと、チンしてのせるだけで唐揚げの乗ったカレーが出来ます。
ちょとした度合いがほしい時も最適です。

結婚した現下、ダディに作りあげる弁当もこの方法を実践しています。
夜のうちに詰めてしまえばダディの弁当のために起きる時間を気にしなくてすみますよ。なので台所に立つのはディナーを組み立てるときの1回のみ。
多めに作ってうまくリメイクしていけば飽きも欠ける減少方法になります。善悪お努めください!