ちりも積もれば山と罹るの格言を実行しましょう

コストダウンの上腕の見せ所は食費だ。交通費や日用品物費用などは削り取りみたいがないパーツが幅広いためです。食費は毎日のことなので、1回ずつにケチれる金額が20~30円であっても、塵芥も積もれば山と上るバリエーションで月給にしたらそんなに小馬鹿にならない金額が節約できます。外食は無論削り取ります。外食には事柄費用やらお手伝いチャージやらが加算されているわけですから、どうして計算しても激しくつきます。残るは献立費用。活用したいのはクリアランスセールお日様とおつとめアイテムだ。
おつとめアイテムは、生鮮野菜の場合には相当古くなったり規格外の物品、それ以外のアイテムについては賞味期限が迫っているものです。賞味期限は厳格に守られるためにコンビニではアッという間に解約片付けにされてしまう。惜しいものです。ちなみに特典では献立は高額場合が多いので、献立を特典では買わないようにしています。特典では店舗ごとにオリジナリティされた独創賜物が売られています。たとえばリップクリーム。セブンイレブンのリップクリームは安くて保湿器量が厳しく、お求めだ。
賞味期限傍らでもたとえばお茶などは十分に普通の風味を楽しめます。場合によっては正価の6割くらいでおつとめアイテムに出されていることもあります。超絶で賞味期限間近のアイテムをおつとめアイテムとして提供してくれる要素を活用すると、正価だけの宅配よりも1回につき、300円くらいは節約できます。

節約するためのたった二つの重要な2つのポイント

こんにちは!今回は、節約するためのたった二つの重要なポイントを、2つご紹介します。

・支出を徹底的に抑える

「そんなことしてるよ!」なんて言われるかもしれませんが、絶対に見落としていることがあるものです。
例えば、携帯電話やスマートフォンの契約プラン。これは一番放っておいてしまいがちなんですが、支出を確実に抑えるためには必須の確認事項です。
電話なんて全然掛けないのにカケ放題のようなプランにしてる。インターネットはほぼ使っていないのに高いプランにしている。無料期間の終わったサービスをそのままにしている。
等々、意外と気づいていないかもしれません。これだけでも月に2000~3000円ほど節約ができることがありますよ!

・徹底的な断捨離

「いらない物は捨てているけど…」そんな風に思われるかもしれませんが、本当にそうでしょうか?面倒なだけで、色んな物が置いてあるのでは?
ここで大事なことは、多少お金をかけてでもいらないモノを捨てるということです。お金をかけてしまうと意味がないと言われるかもしれませんが、そんなことはありませんよ。
気持ちひとつで変わるものです。しっかり捨てることができれば、次に何か買うときの判断をより賢くすることができます。
なので年末などの大掃除の機会に、思い切ってモノを捨ててみてくださいね。

・まとめ

いかがでしたでしょうか。今回の二つの方法を実践するだけでも、かなり節約し、貯蓄することができますよ!
ぜひ試してくださいね!

楽しい節約が継続できたら一生の貯金へ導く

節約に頑張っている子が多いですが、長く続ける方は少なく、逆にいつか倹約にパンクしてしまって大きな出金でストレス解散してしまうタイプはよくあるようです。

楽しい節約をしていますか?

私は東京で一人暮らしをしており、毎月の手取りは20万ぐらいでそのうち8万を貯金している人です。

まずお住まいは一番の出金なので厳選しなければなりません。

23区内なら当然高いですが、23区をちょっと離れてすぐ家賃が安くなり、自然豊かなところがいっぱいあります。

電車一本で新宿につながり、生活品質は都心部より高いですね。

今住んでいるのは調布駅近くのワンルームです。

築23年3階の南向き、7畳で家賃6万。

近所では公園が多く、大型スーパーもあり、とてものんびりな町で幸福感満点です。

残り14万円!

食事代に頑張りましょう。

週末に沢山自炊して冷凍に入れ、平日のお昼はもちろんマイ弁当。

旬の野菜やタンパク質は必ず欠かせないので毎日自分のお弁当箱を開けることに楽しみにしています。

ここで一つ言いたいのは、ちょっと高いコーヒーを持参すること。

スタバとかで買うと三四百円かかるのに、高級なドリップコーヒーでも一パック30円前後。

数年間使える上品なマイコップを買って、朝ドリップコーヒーを自分で作り、会社に持ってい行くのは一日元気になります。

女子力アップにもつながります。

高級ドリップコーヒーには節約しません。それでも30円かける20日の出勤日で6000円で済ませます。

自炊したら一カ月の食事代は2万円に抑えることができ、プラスコーヒー代で3万円未満です。

残り11万円!

電気水道ガス7千円、インターネット4千円、携帯8000円、その他生活費と交際費1万円。合計3万円。

通勤以外にあまり交通費が要りません。調布駅近くならもちろん自転車。

残り8万!

以上は私の月8万円貯金、楽しい首都生活です。

継続の難しい節約

節約をしなければならないと、何度も思いトライしてみますがなかなか続くことがありません。自分に合う方法を見つけることが大切なんでしょうね。
家計簿は私には合いません。可愛い家計簿を購入してみても続かず、下2桁~3桁を省略した簡単家計簿にしてみても続かず、写真を撮るだけのアプリを利用しても、振り返ることもなくなりました。

節約の目標を「1か月で〇円まで」等にしてしまうと、ストレスに感じ買い物欲求が大きくなると感じました。1週間分を決めてその分だけ手持ちにする方法も試してみましたが、便利なカードがあるので結局使ってしまいました。

今は、食費の節約だけは頑張ろうと決めています。これが、一つの大きな目標です。それに向けて、一日の食費を決めました。一日で使える金額を決めると、昼に贅沢した日はその夜に調整するようになりました。一日で使える金額をオーバーしても、次の日、少しの注意で取り戻せます。大幅な修正を考えなくていい点が私には合っているようです。
節約をストレスに感じると続かないので、一週間単位でも大体の食費を設定しています。日々の設定金額の7日分より多く設定し、予算が余れば、休みの日の外食にプラスで使うことができるようにしました。そうすると、割と節約も楽しいと感じ始めました。

電気のみ使用し、ガスを一切使わない

近年オール電化のお宅は珍しくなく、ガスを使わないお宅が増えてきています。

ガスは確かに電気に比べて暖まりやすく快適ではありますが、どうしても料金が高く、光熱費として電気もガスもと払うと家計を圧迫してしまいます。

そこで私が実行した節約法は電気のみを使用し、ガスは一切使わないというもので月のガス代0円にするという方法です。

まずガスで繋がっているものをすべて電気に置き換えて、ガス会社との契約を解約してしまいました。

うちでガスを使っているものと言えば、料理で使うガスコンロ、湯沸かし器、お風呂の3つでしたが、まずガスコンロは市販のコンセント式のIHヒーターに変えます。

湯沸かし器に関しては使わず基本水で洗い物をし、冬場は電気ポットでお湯を沸かし油汚れのひどいものだけそのお湯で洗います。

最後のお風呂ですが、これも電気で沸かす商品が売られているのでそれを使って沸かします。

元々追いだき用のものだったようですが、1から沸かせるものもあります。

時間は6時間ほどかかりますし、シャワーはもちろん水しかでませんので、シャワー必須の方には難しいかもしれませんが、時間さえきちんと考えてセットすれば、帰宅後暖かいお風呂につかることができます。

少し手間がかかり、ガスと併用でもあまり変わらないのではないかと思われてしまうかもしれませんが、電気代の方がガス代よりはるかに安いので、うちは月3000~5000円の節約になりました。

私流の節約術

私の節約術は特に大したことではないです。日頃のちょっとしたことの積み重ねで補っています。

まず、私は社会人なので、当然給料を銀行振込でもらっているわけですが、振込する時点で銀行を2つに分けています。1つは、普段から使用する生活費や雑費、自分のお小遣いのための銀行口座です。もう1つは、貯金用です。

おろすときは車の買い換えと、将来の結婚資金のときのためだけと決めています。キャッシュカードは実家の自分の部屋に保管しておき、普段使いしずらいようにしています。この方法で、毎月最低限貯金したい金額は確保できます。ちなみにこの方法は私だけでなく、会社の若い人は皆やっています!

もう1つは5円玉貯金です。お釣などで、5円玉が財布に入ったら、そのまま貯金するという至ってシンプルな方法です。始めたきっかけは、お正月の時期にお賽銭ってする5円玉を持ち合わせていなかったため、財布に入ったら保管しておこうと思ったのが始まりです。

たった5円?!と思われがちですが、意外と貯まります。かといって、極端に多く貯まるわけではないので、あまり無理をすることなく、長く続けられるのが魅力だと思います。多くたまったら銀行でまとめて両替してもらうのがとても楽しみです。

プライベートブランドを使って節約

掃除や洗濯に使う消耗品の洗剤は、1ヶ月の出費にしめる割合は、意外と大きくはないでしょうか?

浴室用洗剤、しつこいカビをとる洗剤、柔軟剤や漂白剤、油汚れ用洗剤。ほとんどの汚れに、専門の洗剤が売り出されています。

○○汚れ専用の洗剤は、スーパーやドラッグストアで詰め替え用を買ったとしても、1つあたり100円以上の値段がついている事が多いです。

私の場合は、浴槽の幅が広い為、浴室用の洗剤の減りが早く、地味に出費を増やしていました。

そこで、これら○○汚れ専用の洗剤を、スーパーやドラッグストアが自社で作っているプライベートブランドに、変更してみました。

調べてみて知った事ですが、プライベートブランドは、自社で作っているから価格が安いというだけで、他の洗剤と内容に大差はないようです。

たしかに、私もプライベートブランドを使う前後で、汚れが落ちる効果の違いはあまり感じず、ほとんどの場所でプライベートブランドを使っています。

キッチンの周り等、一部、プライベートブランドでない洗剤の方が、汚れ落ちが格段に良いと感じている部分のみ、大手の製品を使うようにして、洗剤費用を節約しています。 

私の地域では、ディスカウントストアも、プライベートブランドを出しています。そこでは、浴室用の洗剤が、大手の半分位の値段で常時売られています。

『この会社の製品ではダメ』といったこだわりがないようでしたら、プライベートブランドを試用してみると、洗剤費用の節約が、すごくできますよ。

すぐ始められる節約術

私が実際に実践した節約術を紹介します。

最近引越しをしまして、実家を出て一人暮らしを始めました。引越し後1ヶ月ほど経ったある日、支出が収入を超えた状態、つまり赤字であることに気付き、そんなに浪費した覚えもないのにと思いながら、使ったお金を書き出してみました。幸い、使ったお金を一応記録しておいたのが役立ちました。

まとめてみてびっくりしましたが、食費が6万円を超えていました。これは食費を見直す必要があると思い、友人知人にアドバイスをもらいました。

まずは食事。以前はほぼ外食でしたので、食事1回で平均800円、1日2回行っていたので、1ヶ月で約5万円ほどの支出でした。節約のためには自炊するしかないとの意見があったので、自炊を始めました。

スーパーに食材を買いに行くのですが、その前に買うものを決めます。しかも1週間の献立を決めて、その1週間分をまとめ買いします。月曜日はカレー、火曜日は焼きそばという感じで決め、その料理に入れる食材とだいたいの量を書き出し、必要な分だけ買いに行きます。これで余計な物は買わずに済みます。

もし食材を使い切れず余ってしまったら、野菜炒めやチャーハンなどを作ることもできるので、腐らす心配はほとんど無いです。

自炊をすることで、食費は1週間で約2500円、1ヶ月で約1万円と大幅ダウンできました。

節約したい方は試してみてください。

フリーターの友達の節約術

私の友達のフリーターが言っていた、最強の節約方法で節約すれば食費がほぼ0になります。これは誇張とかではなく本当です。
しかし、肉体的な耐久力に自信がある人しかできないかもしれません。その最強の方法というのが、賄いが無料で出る飲食店にアルバイトとして勤めることです。
無料というのはあまり多くないのですが、1回2、300円の賄いが出る店に努めると食費がほぼ0になるとのことです。

体力に自信があるようであれば、一日中そこで働いていれば一日の食費を全て賄いによって0にすることができます。
もちろん無料で賄いがでない場合はその限りではありませんが、その日働いた分から差し引かれるのでその時点での支払いは0と言っていいでしょう。
この方法で節約をすれば、多くの人が一人暮らしで一番節約したい費用がかなり節約できることでしょう。

問題点を挙げるとすれば、食費を節約しようとすればするほど労働時間が増えて言ってしまうということですね。特に一日中食事を賄いで済ませようとすると一日中そこに拘束されるわけですからね。
貪欲になりすぎず、ある程度の基準を持ってこの節約方法を使うようにするのがいいでしょう。
過労で倒れて病院に運ばれたりしたらそれこそ本末転倒ですからね。

お得、無料、節約はセットです

お得や無料というのは、誰もが好きなものだと思います。私もご多分に漏れずこの二つが大好きです。そして節約も大好きなので、無料、お得を利用して節約をしています。まず無料の代表といえば街中で配られているポケットティッシュです。

私の利用している駅では毎日のように2,3個配っていますので、自宅で使うティッシュはこれで十分です。なので、箱ティッシュは殆ど購入した事はありません。他にも窓口などにおいてあるものや、ダイレクトメールに付いてくるポケットティッシュも有効利用しています。

次はお得ですが、お得の代表はクーポンやポイントだと思います。クーポンサイトなどのチェックは毎日していますし、友人と食事や飲み会をする時も、事前にクーポンを使確認しておきます。また、よく利用するお店などはメルマガなどを登録しておくと、お得な情報やクーポンをゲットできる事があるので、これも私の欠かせない節約方法です。

そして普段利用しているスーパーやドラッグストアのポイントカードも節約には欠かせません。100円で1ポイントというお店が多いと思いますが、ポイント倍増デーだったり、5%割引だったりとお得な日が月に何回かあるお店が殆どです。それを上手く利用すれば節約になります。

節約は大好きではありますが、毎日何かを切り詰めながらのギリギリの生活はストレスにもなるので、日常の中で楽しくお得と無料と付き合いながら節約しています。